森永製菓の創業者 森永太一郎 明治32年(1989年)、日本で初めてキャラメルを製造販売し、15年かけて日本人の嗜好に合うように改良したのが森永製菓の創業者・森永太一郎 (1865-1937)である。 【プロフィール】 森永 太一郎(もりなが・たいちろう)1865年生まれ。 製菓王・森永太一郎は昭和のはじめ、子ども向け『偉人伝文庫』の大スターの一人で数多くの子供達に、生きることの素晴らしさを … 有名人・芸能人・テレビ番組sayuri, 内閣総理大臣夫人の安倍昭恵さん。昨今ニュースによく登場されますね。森友学園の問題から国会へ証人喚問を求める意見まであるようです。, そんな安倍昭恵夫人は、森永製菓創業者一族の血を引いていらっしゃいます。安倍昭恵夫人自身は、『UZU』と言う居酒屋を東京神田で経営されていたり、その他にも様々な活動をされている様子がフェイスブックからもうかがえます。, そんな安倍昭恵夫人は、日本人なら誰もが知っているお菓子メーカー森永製菓のお嬢様。聖心女子学院初等科から中等科、高等科に進まれて、聖心女子専門学校の英語化を卒業されています。生粋のお嬢様ですね。, そしてその後は、電通に就職されて、立教大学にも行かれていたそう。そんな安倍昭恵夫人の華麗なる森永製菓創業者一族について見ていきましょう。, 安倍昭恵さんのお生まれになったのは、森永製菓創業者の森永太一郎さんの家系だそうです。森永製菓創業者一族って聞くだけで、華麗なる一族って感じですね。, そんな華麗なる一族の安倍昭恵さんは、旧姓は松崎と言われるそうです。創業者の松崎太一郎さんが『森永製菓』を創立され、安倍昭恵さんのお父さん・松崎昭雄さんのおじいさん・松崎半三郎さんを森永製菓へ迎えて、日本での販売を本格化させていったそうです。, その頃に作られていたお菓子はマシュマロやキャラメル。現在でも人気の森永ミルクキャラメルは、明治時代から作られていたのですね。今でも変わらずにヒット商品ですね。, 森永製菓創業者一族のまず筆頭が森永製菓を創業した、『森永太一郎』さん(1865年~1937年)。佐賀県伊万里市のご出身だそうです。, 森永太一郎さんがお生まれになったのは、『森永商店』という陶磁器を扱う問屋さんだったそうです。当時、伊万里では一番栄えていた商店だったとか。ですが、森永太一郎さんが6歳の時に実のお父さんがお亡くなりになり、商売は陰りを見せてしまったそうです。, そして、それまでに築いた財産を失うこととなり、お母さんは再婚されたそうです。森永太一郎さんは、親戚の家に身を寄せることもあったそう。そして、伯父さんの山崎文左衛門さんの家に入り、山崎姓を名乗ることになります。, そこでは、商売人としての知識を勉強することが出来たそうです。読み書きもあまり出来なかった太一郎さんは勉強もしながら働いていたそうです。, そして、19歳の時には、横浜へと移り伊万里焼を扱う有田屋と言う会社に勤めたそう。20歳でご結婚されましたが、務めた九谷焼のお店がつぶれてしまい、借金を返すために24歳の時(1888年)、単身アメリカへ渡ったそうです。お店の商品を海外で販売するのが目的。, ですが、高級品の焼き物をサンフランシスコの労働者の人々に買ってもらえることはなく、仕方なく安く売り払って、日本へお金を送ったそうです。, 森永太一郎さんが、西洋のお菓子に出会ったのは、アメリカに渡り、陶磁器を高く売ることが出来なかった、そんな時だったようです。日本には無かった西洋のお菓子を作る技術を身につけたいと森永太一郎さんは考えたそう。, ですが、日本人を受け入れてくれるお菓子工場はなかなか見つからずに苦労したそうです。それでも諦めずに掃除や皿洗いの仕事をしながら過ごしていたそうです。, そして、1890年に日本に帰国した山崎太一郎さん。アメリカにわたっている間にキリスト教に入信していたために養父の山崎文左衛門さんに怒られて、元の『森永』を名乗ることになってしまったそうです。そして数カ月後、再び西洋のお菓子作りを学ぶためにアメリカに渡ったそうです。, クリスタルガイザー(500mL*48本入)【クリスタルガイザー(Crystal Geyser)】[ミネラルウォーター 500ml 48本 水 ケース]【送料無料(北海道、沖縄を除く)】, 1895(明治28)年31歳の時にお菓子工場の掃除の職に就いたそう。そこでも日本人であるというハンディを持ちながらも西洋のお菓子を作る技術を学んだそうです。二度目の渡米では約5年の年月をかけてお菓子作りの方法を学び、1899(明治32)年に日本・横浜へと帰国したそうです。, 1899(明治32)年に日本に帰国した森永太一郎は、現在の東京赤坂で西洋のお菓子作りを始めたそうです。まず最初に作ったのは、マシュマロだったそう。, マシュマロの材料は、おもに卵白・ゼラチン・砂糖・水など。日本でも手に入る材料だったのかもしれませんね。キャラメルも創業当時から作られていたそうです。日本の気候でも溶けたりせずに食べられるようにと森永太一郎が改良を続けてきたそうです。, 1905年には、安倍昭恵さんのお父さん・松崎昭雄さんのおじいさん・松崎半三郎さんを森永製菓へ迎えて本格的に販売を開始したそうです。, 森永太一郎さんは、すごいバイタリティのある方なのですね。1800年代は、船でアメリカまで行くことになると思うのですが、それをものともせず、そしてアメリカに渡って、技術を学ぶのはたくさんの苦労があったことと思います。, そして、貿易商をされていた安倍昭恵さんのお父さんのおじいさん、松崎半三郎さんと一緒に商売を始められたそう。とっても興味深い人生なので、NHKの朝の連続テレビ小説とかで、ドラマ化してほしいと思いました。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. 森永 太一郎(もりなが たいちろう、慶応元年6月17日(1865年8月8日) - 昭和12年(1937年)1月24日)は、日本の実業家。森永製菓創業者。佐賀県伊万里市出身。安倍晋三首相の妻・昭恵は外曾孫娘にあたる。 松崎半三郎の関わった「森永製菓」 森永製菓は、創業者の森永太一郎氏と実務経営者の松崎半三郎氏が西洋菓子づくりのパイオニアとして明治から昭和にかけて尽力し、100年超の歴史を誇る、大手製菓会社になっています。 森永 太一郎(もりなが たいちろう、慶応元年6月17日(1865年8月8日) - 昭和12年(1937年)1月24日)は、日本の実業家。森永製菓創業者。佐賀県伊万里市出身。安倍晋三首相の妻・昭恵は外曾孫娘にあたる。, 父・常次郎、母・キクの長男・伊左衛門として生まれる。生家の森永商店は陶磁器の積み出し港として栄えた伊万里で一番の陶器問屋だった。伊万里湾の漁業権を握る網元でもあったが、父の代には家勢も衰え、6歳の時に父が病死すると財産は人手に渡り、母は再婚。親類の家を転々とする幼少時代を過ごした。やがて伯父の山崎文左衛門に引き取られて山崎太一郎となり[1]、商人の心構えを教え込まれた。[2]12歳まで自分の名さえ正確に書けなかったことから、奉公の余暇に手習いをさせてもらう約束で本屋の住み込み店員となり、13歳で野菜の行商人になり、15歳から伊万里焼の問屋に奉公し、19歳で上京して、叔父も出資していた横浜の合資会社有田屋(伊万里焼の営業所)で働いた[1]。, 20歳で結婚し、翌年九谷焼を外国商館に販売していた横浜の陶器問屋道谷商店で数年を過ごしたが同店が倒産し、債権者への返済のために店の商品を海外で販売することを目論み、明治21(1888)年24歳の時に妻と長女を日本に残して渡米した[1]。, サンフランシスコで焼き物の販売を試みたが、労働者階級の地域であり、陶器の価格も高かったため、失敗に終わった[3]。日本から持ってきた陶器をオークションで売り払って日本に送金し、無料宿泊所である日本人ミッション教会の厄介になりながら、米人家庭の掃除や皿洗いなどで糊口を凌いだ[1]。そこで日本では誰も手掛けていなかった西洋菓子の製造に目を付け、菓子工場の仕事を探したが、人種差別の強い時代のためもあってなかなか望む仕事は見つからなかった。オークランドに移り、下働きとして住み込んだスカンジナビア人とアイルランド人のクリスチャンの老夫婦に親切にされたことをきっかけにキリスト教に関心を持ち、のちにメリマン・ハリスから洗礼を受けた[1]。, 明治23(1890)年夏に一度は日本に帰国し、故郷の伊万里で福音伝道を試みたが、全く相手にされなかった。異教に入信したことを知った叔父に勘当され、森永姓に戻る[1]。, 3か月後今度こそ西洋菓子製法の習得を目指して再び渡米し、アラメダのジョンソン・ホームベーカリーの雑用係を経て、明治28(1895)年31歳の時にオークランドのキャンディー工場&キャンディーストア「ブルーニング社」の掃除係として入社した。この当時、森永は身長180cm、体重70キロの巨漢だった[1]。ここでも多くの人種差別の苦難に会いながらも様々な西洋菓子の製法を身に付け、5年が過ぎ、日本に西洋菓子を普及させる時期になったと判断した太一郎は計11年間の滞米を終えて帰国の決心をした。この時オークランドのブルーニング夫妻から「小売りをせず、卸だけやれば家賃の安い辺鄙な所でも済む。自分も二坪ばかりの小さな家で菓子を作り、そこで寝泊りをして始めた。」と助言を受け、明治32(1899)年6月下旬に横浜に到着した。, 帰国後1899年現在の森永製菓の前身となる森永西洋菓子製造所を東京・赤坂(旧溜池町、現在の赤坂1・2丁目付近)に設立した[4]。主にマシュマロを製造していたが、後にキャラメルを主力製品とする。当時「天使の食べ物」と呼ばれていたマシュマロは在米中に行なった市場調査で邦人にもっとも好まれた菓子だった[3]。1905年には貿易商社に勤めていた松崎半三郎を迎い入れ、森永は自らリヤカーを引いて販売に当たった[3][5]。, 帰国後キリスト教を離れたが、1930年に二度目の妻を亡くしたのをきっかけに再び信仰に戻り、1935年4月に社長を引退、その後はキリスト教の教えを説きながら全国をめぐる日々を過ごし、1937年に71歳で没した[1]。, “森永太一郎…苦難乗り越え製菓王へ(佐賀県伊万里市) : 語り継がれる人びと : 九州発”, http://web.archive.org/web/20080529013012/http://kyushu.yomiuri.co.jp/magazine/katari/0710/kt_710_071027.htm, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=森永太一郎&oldid=76694425. 婦人聖研  聖書に触れた人々NO1 「森永製菓の創立者 森永太一郎」2011年11月8日, 聖書の有名な御言葉は101回をもって、先週終了とさせていただきました。記録によりますと、第一回は2005年10月18日の婦人聖研からでしたから、まる6年続いてお話ししたわけです。そこで今度は、聖書の御言葉に強く影響を受けたり、座右の銘としたりした有名な人々を取り上げつつ、聖書の御言葉をお分けしたいと思います。「え、あの人がこんな御言葉を」などと言う驚きがあるのではなないでしょうか。第一回目は、森永製菓の創立者「森永太一郎」です。, ★森永太一郎(1865-1937)は、佐賀県伊万里で一番の豪商の家に生まれました。しかし、6歳の時に父が死に、母は再婚し、彼は親戚の間を転々とする生活となりました。そのような幼少時代のため、12歳になっても字が読めず、その後、母方の伯母にあたる山崎家の養子となり、学問を修めることができました。19歳で上京し陶器商に勤め、20歳で結婚しました。彼は家族のためにアメリカでも日本の陶器を売ろうと単身で渡米しますが、全く売れず計画は失敗してしまいました。, ★失敗したまま日本に帰ることも出来ず、ある公園のベンチに暗い思いで座っていたとき、とても上品な感じの婦人からキャンディを頂きました。とたんに太一郎は、洋菓子職人になろうと決心ました。しかし当時は人種差別が強い時代であり、苦労の多いアメリカ生活でした。下男をしながら数軒の家を転々としつつ生活していたある時、オークランドの老夫妻の家に雇われました。そのことが太一郎を変えることになったのです。その老夫婦はクリスチャンで、太一郎を差別することなく家族のように受け入れてくれたのです。その老夫婦の人格に触れ、彼は教会に導かれ、洗礼を受けることになったのです。, ★すると太一郎は菓子職人になる夢を捨て、キリスト教の伝道者になる夢を抱いて帰国しました。彼は日本に帰ると、即座に親族や兄弟に伝道しました。しかしそのような太一郎を見て、人々は「太一郎はアメリカで頭がおかしくなった」と反対しました。育ててくれた岩崎家からも離縁されてしまいました。彼は伝道者になることにも失望し、再度アメリカに渡り、洋菓子作りの学びを続けました。そして帰国後、マシュマロを作って販売すると、それが大当たりとなりました。それらのお菓子をガラス張りのリヤカーに積んで販売して回りました。そのリヤカーの上には「キリスト・イエス、罪人を救わんために世に来たりたまえり。」(第一テモテ1章15節)。「義は国を高くし、罪は民をはずかしむ」(箴言14章34節)との聖書の言葉が書かれた看板が掲げられていました。そのような彼を町の人たちは「ヤソのお菓子屋さん」と呼ぶようになりました。, ★やがてあの有名なミルクキャラメルが販売されると、日本中で大ヒットとなりました。昭和の人ならば一度は食べたことのあるキャラメルでしょう。しかし商売の成功と同時に、信仰の面は一時停滞した時があったようです。その信仰も、奥さんの死を契機に復活しました。彼は川のほとりで泣きながら再献身を誓いました。その復活した信仰を証明するようなエピソードがあります。それは1923年の関東大震災の時でした。かれは被災者にお菓子を無料配布したのです。すると森永の幹部達はそれに反対しました。その反対に対して、太一郎は「これは神様とお客様へのお返しだ」と配り続けたのでした。, ★やがて社長を退いて会長となってからは、全国の教会を伝道講演して回りました。その時の講演題は、判で押したように「我は罪人の頭なり」であったと言います。ちなみに森永のエンジェルマークのTMは、彼の頭文字と言われています。, 人は不幸な人生が過去にあっても、恨む必要などありません。神様の導きを信じれば人生は素晴らしい。一時的に信仰が停滞していた時期があつた等と、悩む必要もありません。これからの人生が大切なのです。森永太一郎氏にとって、最初に掲げた御言葉と不信仰が回復して掲げた御言葉が同じであっても、意味においては全くちがったものとなっていたと思います。私達も人生の様々な体験を通して御言葉の深みを知ろうではありませんか。.

ポルトガル語 さようなら, 錦糸町 ランチ カレー, 志賀廣太郎 コロナ, アフガニスタン 子供 生活, ウイニングポスト9 2020 虹イベント, 北照高校 教師, 競馬コラム 無料, キラメイシルバー 闇落ち, アメリカ大統領選挙 仕組み, 第96回全国高校サッカー 選手権 大会 中京, 中日ドラゴンズ コーチ, 錦糸町 ランチ カレー, 岡田健史 スカウト, スターマン たぬき, サンズ 韓国 野球, メジロドーベル エアグルーヴ, 後藤 吉田 天皇賞, 釧路 トラック協会, アメリカ13州 覚え方, オリックス グッズ, 橋本じゅん コクーン 舞台, 羽田 空港 ロッテ 免税 店, Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow スペシャルイベント, 遠藤航 プレースタイル, 葵わかな 画像, レーヴ ミストラル 馬, オリックス グッズ, 杉田智和 キャラ, プレイフル函館 インスタ, 坂口征二 前田日明, ウイニングポスト9 2020 輸入繁殖牝馬,