バイオリニスト上保朋子(じょうほともこ)のオフィシャルウェブサイト

アンサンブルモコ

  • HOME »
  • アンサンブルモコ

アンサンブルモコは、主にバロック音楽を中心に演奏をする弦楽アンサンブルです。

私はイタリアがとても好きで、特にヴェネツィアを旅したときは離れたくないほどの感動を覚えました。
明るさや切なさ、自由さ、強さ、ロマンティック。様々な風景や時間に感動したことを覚えています。
私にとってその景色を全て感じさせてくれるのがヴィヴァルディなのです。

そのヴィヴァルディの音楽を演奏し、そして聴いていただきたく弦楽アンサンブルをつくりました。
ヴィヴァルディに限らず、たくさんの作曲家の音楽を演奏していきたいと思っております。
普段から家族のように親しくさせていただいている仲間とのアンサンブル モコを、宜しくお願い致します!
※公式ホームページ:http://www.ensemble-moco.com/

アンサンブルモコ代表:上保朋子

メンバープロフィール

バイオリン

■上保 朋子(Tomoko Joho)
上保朋子(ヴァイオリン)4歳からピアノとヴァイオリンを始める。
1990年、全日本学生音楽コンクール東京大会小学生の部入選。2000年、日本モーツァルトコンクール東京大会入選。
桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部演奏学科を卒業。
現在、オーケストラ、ソロ、室内楽など多方面で活躍。
近年では、メンデルスゾーンやリヒャルトシュトラウスの協奏曲のソリストを務め、2013年10月には深谷シティフィルハーモニーとチャイコフスキーの協奏曲を共演する。
これまでに、山田かをる、松原広地、坂口真紀、鷲見健彰、石井志都子の各氏に師事。
WAO弦楽四重奏団 第一ヴァイオリン奏者。東京シンフォニア首席奏者。MCFオーケストラとちぎ メンバー。アンサンブルモコ代表。

■志村 知里(Chisato Shimura)
志村知里(ヴァイオリン)桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学卒業、及び同大学研究科修了。
第6回日本クラシック音楽コンクール高校の部第3位入賞。
これまで、(故)久保田良作、立田あづさ、藤原浜雄の各氏に師事。
卒業後は、オーケストラを中心に室内楽、後進の指導等幅広く活動中。
2009、2010年には、バルカン室内管弦楽団、国交樹立記念のコソボフィルハーモニー交響楽団日本公演ツアーに、日本人メンバーとして参加。
またコンサートミストレスとしてのオーケストラ活動も積極的に行っている。
WAO弦楽四重奏団第二ヴァイオリン奏者。

■向山 敦子(Atsuko Mukaiyama)
向山敦子(ヴァイオリン)桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学音楽学部を卒業。同大学研究科修了。
第47回全日本学生音楽コンクール中学校の部奨励賞受賞、第50回同コンクール高校の部第2位。
2002年第7回コンセール・マロニエ21弦楽器部門入選。
これまでにヴァイオリンを藤家櫻子、余合美津子、森川ちひろ、辰巳明子の各氏に、室内楽を小林健次、安良岡章夫の各氏に師事。
現在、ソロ、室内楽、オーケストラなどで演奏活動をする傍ら、後進の指導にあたっている。

■深見 綾子(Ayako Fukami
fukami国立音楽大学付属音楽高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部演奏学科を卒業。同大学研究科修了。
中日新聞社主催「子供のための音楽コンクール」において、金賞および中日賞を受賞し、受賞者演奏会「協奏曲の夕べ」で独奏する。
「全日本学生音楽コンクール」名古屋大会において、入選。
国立音大付属高校では「ソリステンコンサート」でオーケストラと共演。また、草津国際音楽アカデミーではマスタークラスから選抜され、スチューデントコンサートに出演する。
2000年には、R.ムーティ率いる「ミラノ・スカラ座」日本公演においてオペラ「リゴレット」に出演。
これまでに、オーケストラや室内楽での活動に加え、ダンス音楽やイタリアンプログレ等でソロ・ヴァイオリンを務めるなど、ジャンルを問わない演奏活動をおこなって来た。
また、アマチュアオーケストラの育成にも力を注いでいる。
辰巳明子氏、大関博明氏、外山滋氏、窪田緑氏に師事。

■芳賀 夏子(Natsuko Haga)
芳賀夏子(ヴァイオリン)武蔵野音楽大学器楽学科卒業。
これまでにヴァイオリンを萩原耕介、グレゴリー・フェイギンの各氏に、室内楽を磯良男、クレメンス・ドルの各氏に師事。
現在オーケストラ、ソロ、室内楽などの他、後進の指導など幅広く活動中。
2007年よりソロでサロンコンサートを定期的に行う他、2007、2009年都内にてブラームス、ブルッフの協奏曲を演奏。
東京シンフォニアではシュターミッツ、サン=サーンス、モーツァルトのソリストを務め、2012年にはラヴェルのツィガーヌのソリストを務める。東京シンフォニア首席奏者。

■福嶋 絵美(Emi Fukushima)
福嶋絵美(ヴァイオリン)東京音楽大学音楽学部ヴァイオリン科卒業。
卒業後、私立小学校にて2年間音楽教諭を務める。
2001年、スズキメソードでのオランダ演奏旅行にコンサートマスターとして参加。
現在、オーケストラを中心に様々なジャンルで幅広く活動している。
これまでに、七海浩一郎、天満敦子、山岡耕筰、景山誠治の各氏に師事。

■後藤 環(Tamaki Goto)
栃木県宇都宮市出身。
日本女子大学を中退後、武蔵野音楽大学卒業。教員免許取得。
2009年後藤環(ヴァイオリン)よ り、BODYCHANCE目黒校にてアレクサンダーテクニックを学び始める。2010年に一般コースを終了。東京女子学院、自由学園、(株) 宮地楽器のヴァイオリン講師を経て、たまきバイオリン教室を設立し、後進の指導にあたる。指導の傍ら、フリーの奏者として、オーケストラ・室内楽等で活 動。NPO法人国際芸術家センター(IAC)会員。2007,2008年と、文化使節として、アラスカ州のシトカ、ジュノーを訪れた。東京シンフォニア内 では、レギュラーメンバーとして定期公演に参加中。ホルストの2つのヴァイオリンのための協奏曲ではソリストを務める。MCFオーケストラとちぎ メンバー。

ビオラ

■生沼晴嗣(Seiji Oinuma)
生沼晴嗣(ヴィオラ)東京芸術大学付属高校を経て、1970年、同大学卒業後、日本フィルハーモニー交響楽団に入団。1973年退団。
故岩本政蔵、故井上武雄、故浅妻文樹、イツァーク・ショッテンの各氏に師事。
その後、古典音楽協会室内合奏団、東京ゾリステン室内合奏団を経て、1976年より、巌本真理弦楽四重奏団にて活躍。巌本氏亡き後、ソロ及び室内楽の分野で幅広く活動し、1992年より読売日本交響楽団ソロ・ヴィオラ奏者に就任。2012年3月退団。
日本大学芸術学部講師。WAO弦楽四重奏団ヴィオラ奏者。MCFオーケストラとちぎ メンバー。

■金孝珍(Hyojin Kim)
金孝珍(ヴィオラ)ソウル特別市出身。
5歳よりヴァイオリンを始める。
東京都立芸術高等学校を卒業後、ヴィオラへ転科。
東京藝術大学を卒業。
同大学にて同声会新人賞受賞。
洗足学園大学大学院を首席で卒業。Grand Prix獲得。
前田音楽奨励賞受賞。
第13回コンセール・マロニエ21弦楽部門にて第1位優勝。
栃木県交響楽団、那須フィルハーモニー管弦楽団、洗足楽団ニューフィルハーモニック管弦楽団と共演。
日本演奏連盟による新進演奏家育成プロジェクトリサイタルシリーズ、
駐日韓国大使館韓国文化院にて定期公演リサイタルシリーズに出演。
これまでに岡田伸夫、川崎和憲、須田祥子の各氏に師事。

チェロ

■室野良史(Yoshifumi Murono)
室野良史(むろのよしふみ) チェロ6才からチェロを始める。
佐藤明、林峰男、毛利伯郎、H.シャピロの各氏に師事。
第8回日本室内楽コンクール入選。2000年サントリーホール・レインボー21デビューコンサート出演。ソロ、室内楽、オーケストラの客演首席、古楽、スタジオプレイヤー、後進の指導、さらには家事まで幅広くこなす。
これまでに、宮崎国際、ドレスデン、ラ・フォルジュルネ等、内外の音楽祭にて演奏。
桐朋学園大学音楽学部カレッジ・ディプロマ修了。
ハイヤーフォード・カルテット、読売日本交響楽団チェリスト。

■林一公(Kazumasa Hayashi)
林一公(チェロ)読売日本交響楽団チェロ奏者。桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業後、1997年読売日本交響楽団に入団。
2002年アフィニス文化財団海外研修員としてドイツのバンベルグで1年間研鑽を積む。
これまでにチェロを長瀬冬嵐、松波恵子、マティアス・ランフトに各氏に、室内楽を北本秀樹、店村眞積、景山誠治、末吉保雄の各氏に師事。
読響メンバーによる室内合奏団や室内楽、ソロで活躍中。
WAO弦楽四重奏団チェロ奏者。

コントラバス

■増山 一成(Kazunari Mashiyama)
増山一成 コントラバス1952年栃木県宇都宮市生まれ。
宇都宮短期大学附属高等学校音楽科卒業。東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。
1981年ウィーン国立大学留学。
1977年度文化庁国内研修員。
コントラバスをこれまでに沖不可止、今村清一、江口朝彦、小野崎充、ルートヴィッヒ・シュトライヒャーの各氏に師事。
現在、読売日本交響楽団エルダー楽員、東京ハルモニア室内オーケストラ、エテルニータ室内合奏団コントラバス奏者。
宇都宮短期大学ならびに同附属高等学校音楽科非常勤講師。MCFオーケストラとちぎ メンバー。

チェンバロ

■小杉麻梨子(Mariko Kosugi)
小杉麻梨子 チェンバロ桐朋学園女子高等学校音楽科を首席で卒業後、ロシアに留学。
2005年チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院を最優秀評価で修了し、ロシア国家演奏家資格取得。
2006年大阪国際音楽コンクール最高位受賞、2007年P.I.A. Japan ピアノコンクール第1位受賞、他。
日本国内以外、ロシア、ヨーロッパで演奏活動を行う。
これまでに山下郁代、上野久子、エレーナ・リヒテル、コンスタンチン・シュルバコフ、アキレス・デレヴィーニュ、イェルク・デームス等に師事。
室内楽をニーナ・コーガン、伴奏法をアリストチェリ・コンスタンチニジ、古楽器をミヒャエル・ビールの各氏に師事。
現在、スイスのチューリッヒ在住。ソロ、室内楽の両面にわたり活動を行う。

お問い合わせ・演奏依頼 TEL 0120-500-955 9:00 - 18:00 [音楽事務所クライス]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 音楽事務所クライス All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.